image12月12日(金)に、年長もも組の子どもたちで、橋本内科デイサービスへ出かけ、利用者のおじいさんおばあさんと触れ合う機会を頂きました。

昨年も行かせて頂いてこともあり、「ちょっと、覚えてるよ」「どんなおじいちゃんおばあちゃんがいるかな~」と、ドキドキわくわくしていました。

到着し、たくさんのおじいさん・おばあさんを前に少し緊張気味でしたが、ご挨拶をし「おはようのうた」「たきび」「こぎつね」などを歌いました。
おじいさん、おばあさんは、子どもたちの元気な歌に合わせて、手拍子をしながら、笑顔で聴いて下さいました。

その後、子どもたちと向かい合って「やきいもじゃんけん」「むすんでひらいて」などをしていっしょに遊びました。

少しずつ子どもたちの緊張がほぐれてくると、「おじいちゃんの手大きいね~」と手のひらを合わせて感激していました。
おじいさん・おばあさんは「子どもたちのほっぺ気持ちいいね~」「かわいいなあ」と嬉しそうで、みなさんとても素敵な笑顔でした。

最後には、曲に合わせて肩たたき。子どもたちの小さな手で「トントン トントン」してもらって、おまけにこちょこちょされて思わず、顔がほころんだおじいさん・おばあさんでした。その様子を見て、子ども達もにっこにこの笑顔で喜んでいましたよ。

「またね」「ばいばい」といつまでも握手する子や、出入り口にいらっしゃったおばあさんに自分から握手するお友だちもあり、子ども達にとっておじいさん・おばあさんとふれあうとてもいい経験になったと思います。

幼稚園に戻ってからも、「名前、○○さんて教えてもらった」「楽しかった~」「よろこんでくれてよかった」とうれしそうに、話していましたよ(^_-)-☆

はしもと内科デーサービスのおじいさん・おばあさん、ありがとうございました。