12191811_1212503242100000_6194576738660777213_n10月28日もくようび

マリンバとピアノのアンサンブル”凛”のみなさんにお越しいただきました。

午前中はながもり幼稚園で、50人ずつを入れて2ステージ。
午後はながもり第二幼稚園で、全園児50人程度での1ステージをご披露いただきました。

両園とも、個人で木琴を持っていることに”凛”のみなさんが感激され、
演奏中に、その木琴を使って、かわいらしい音で演奏してくれる場面も。



事前の打ち合わせで
「幼稚園では日頃、流行歌やわらべ歌だけではなく、
いろいろなジャンルの音楽に触れています」
とお話しすると、
普段子ども向けにするプログラムではない曲をたくさん披露してくださいました。

image中でも、ビゼー作曲のオペラ「カルメン」の序曲では子どもたちから
自発的に手拍子も湧き上がりました。
おそらく聞いたことのない、ハチャトゥリアン作曲の剣の舞でも大興奮。
エーデルワイスでなごみ、美しい音に耳を傾けました。

最初から最後まで、目も耳も釘付けになった園児たち。
やはり、いい音 というのは、こどものこころに響くのですね。

子どもたちの大好きな、ジブリや最近の流行歌を演奏して頂いたら
子どもたちは喜んでくれたかもしれませんが、
こんなに音に耳をかたむける、こんなに、音楽を聴き取ろうと、
集中はできなかったかもしれません。

image
子どもたちにとっての音楽経験はまだ始まったばかりです。
ですから、初めての音楽に触れるときには
やはり質の良いものを聴いて心に残していってほしいと願います。

音楽を聴くことは、”楽しみ”であり”愉しみ”であると考えておりますが、
愉しみ、はなかなか得られるものではありません。
が、こちらから与えるものによっては、
小さな子どもでもそれを感じることができると思います。




本当に”凛”のみなさんにいろんなジャンルの楽曲を美しく演奏していただき、
とても嬉しく思いました。



会場を出るときには、
くちぐちに「きれいな音やった〜」「ありがとう〜」「(マレットが)何本もぶんぶんってなって面白かった」
と、感想を言ったりお礼を言ったりしながら、教室に戻りました。


image
ながもり第二幼稚園では、
幼稚園児からお歌をご披露させていただき、”凛”のみなさんに褒めていただいたことが、励みにもなったようです。
最後はクラスごとに写真をパチリ♪ ハイタッチをしてお別れしました。











凛のみなさんの紡ぎ出す美しい音色。
園の生活や音楽遊びの中で、子どもたちの中に育ってきた”音楽を感じる力” を存分に発揮して
その音色に触れることができ、楽しい時間を過ごせました


上質な音楽に、楽しく気軽に触れられた、とても良い1日になりました。