ながもり幼稚園開園以来、何十年と受け継がれてきた下駄箱ですが、
老朽化に伴いあちこち傷みが出て来ていました。

そこで、岐阜県の「平成29年度ぎふの木で学校まるごと木製品導入事業」により、
岐阜県の木材を使って下駄箱を新調することができました。

 

DSC012912











この下駄箱を作ってくださったのが、
岐阜県高山市にある「飛騨産業株式会社」様です。

今回は、岐阜県の「木」のことを幼稚園のお友だちに知ってもらいたい、と
岐阜県の木でつくったお もちゃをたくさん持って、
野田愛子さんが訪ねてきてくださいました。 

DSC06193












大きな丸太(原木)を見せてもらった子どもたち。
自然そのままの姿を切り出した丸太に、子どもたちは、
「これ、木だ!」「見たことある!」と親しみを持ちながらも興味津々。

その大きな丸太の表面を愛子さんが削ると、色の変わった部分が見えて来ました。
「いつも使っている下駄箱は、こういう木からできているんだよ」
と教えてもらいました。

そのあとは、木でできたおもちゃでたっぷり遊ばせていただきました。
DSC06221











パーツを組み合わせて家ができるおもちゃで、大工さんさながらに組み立てる子ら

DSC06208

 












飛騨の民芸品 さるぼぼ のような形をした積み木 つみぼぼ を積み上げたり

DSC06234










DSC06240











迷路を作ったり、
DSC06235











DSC06241










良い香りの木の積み木を高く高くして、僕たちの「ながもりの塔」を作ったり。
DSC06237












そのほかにも、げたぽっくりなど、、、
自分の好きなように遊びました。

木は私たち、ひとの生活に、とても身近な素材であることを知るだけでなく、
木のぬくもりや香りを感じられ、子どもたちだけでなく私たちにとっても
心から癒される時間となりました。

おうちでも是非、木 のお話 樹 のお話、してくださいね!

飛騨産業株式会社さま 野田愛子さま ありがとうございました!