ながもり幼稚園でも、

夏の音楽と遊戯の会 がありました。


シロフォン演奏、
image


















 おゆうぎ、
image
 


















合奏、 と
クラスごと、グループごとにわかれて披露いたしました。
 

年少さんは、入園してまだ3ヶ月。
たくさんのお客様のまえでドキドキしながらも元気にがんばる子どもたち。
同じクラスの仲間とともに、一生懸命取り組みました。
年中さんは、友達同士のつながりが増え、まとまり始めた時期です。
練習期間では、お友達のかっこいい姿に感嘆の声をあげたり、真似したいところを発見したり、
他の楽器の音を聴きながら演奏することを学んだり、
おたがいに認め合うことを通して、自信をつけました。
 


image
最後の演目は年長さんの合奏。オペラ《カルメン》の序曲を演奏しました。
年長の保護者の方々だけではなく、
他の学年の保護者の方にも「さすがだね」「かっこいいね」とたくさんの拍手をいただきました。
それ以上に、子どもたちの心を動かしたのは、
音楽と一体となれたときの言葉で言い表せない感覚ではないでしょうか。
自分の伝えたいことがあり、それを存分に表現できた幸せ。
そんなものを味わってくれたのだろうと、演奏し終わってからの表情から感じました。
年長さんは、いつも、年少さん年中さんたちに憧れられる存在として自信をつけてきただけに、
本番当日はとても緊張していました。
そんな中、シロフォン演奏、おゆうぎ、合奏 と丁寧に一つ一つの演目を力一杯にやりきり、
ホッとした笑顔を見ることができました。



最後は園歌を声高らかに歌いました。
image













園内に舞台を組んでおこなったアットホームな 夏の音楽とゆうぎの会。
今年も、とてもあたたかな会になりました。