image2月3日(火)長森幼稚園で「節分会」をしました。
それぞれのクラスで鬼のお面を作り、節分への関心が高まっていた子どもたち。
この日は、未就園児のための親子の広場“ぴよぴよ”に来てくださっている小さなお友だちも一緒です。

豆まきの歌を歌っていると、「ドンドンドン・・・」どこからかたいこの音が!!
「鬼かな?」とドキドキしていると、ドアからたくさんの年長さんの鬼が来ました!!
びっくりして立ちすくむ子がいるなか、「鬼はそと!」と鬼を追い払う掛け声をかけながら豆を投げるお友だちもいましたよ!!たくさんの豆を投げられ「やられた~」と鬼は逃げていきました。

そして先生から『節分』についてお話してもらって、鬼はいわしの臭い、ひいらぎの葉のチクチクが嫌いなこと、『節分』とは冬の神様と春の神様が交代する日だということを知りました。

先生たちが「怒りんぼう鬼」「泣き虫鬼」「なまけ鬼」になり、みんなの心の中にも鬼はいないか、どうやって追い出すのか話をすると、みんな興味津々に聞いていましたよ。

すると・・・またたいこの音が!!
「鬼がくるよ~!」と真剣な表情で身構える子もいました!!
さきほど来た鬼とは違い、今度は大きな鬼。。。バスの運転手さんの鬼がやってきました!!
幼稚園のお友だちと“ぴよぴよ”に来てくれている小さなお友だち、先生も一緒に
力いっぱい「鬼はそと!」と豆まきをしました。すると・・・福の神さんがきました!!
福の神さんからみんなに豆のプレゼントをもらい、今年も健康で過ごせますようにと年の数のお豆をいただきました!!