“ながもり子どもコンサート”を開催しました。

出演は、世界中で活躍しているピアニスト 赤松林太郎さん

歌と司会進行を 副園長が致しました。

 

27503955_2021353967881586_5217858079595157375_o

 

 

 

 

 

 

年少さんは、初めて聴くピアノの音やソプラノの声に、
爆笑したり、耳を塞いだり開けたりと
せわしなく楽しみ

年中、年長さんは、
あれこれ自分が感じたことをお友だちと話したりしながら、
聴き終わった時には、大喝采。

 

【星のどうぶつたち】から何曲か弾いていただき、
動物になってみたり、クイズコーナーしてみたり、

モーツァルトの【パンとバター】では、
曲にあわせてモグモグしたり。

ハチャトゥリアンの 【剣の舞】の前には 
園児が作ってくれた 通称”くるくる剣”で
戦いごっこしてみたり。

演奏が始まると、右側に座っていた子が
続々と指の見える左側に移動して来たりもしました。
演奏後は、「ブラボー!!」もかかり、驚きました!

 

大人でもそうですが、
エピソードがあると初めて聴く曲でもたのしいですものね!

これから、パンを食べるときに、
戦いごっこをするときに、
ふとこの体験が蘇ったら嬉しいな!

幼稚園で体験したことは、
その後小学生になってもどこか記憶に残っているものです。
小学生の時に体験したことは中学生になっても、
中学生で体験したことなどは、
何歳になっても何かしらの影響を受けている と
感じることがあるのではないでしょうか。

幼児の頃の体験は、具体的な記憶がなくとも、
ずっとつながっていくものです。
世の中には、たくさんの素敵な音楽があり、
これからそのたくさんの音楽を体験することでしょう。
今日の体験も、大きなものであったなら嬉しいです。

音に耳を傾ける習慣をつけられるように と、
いつも願いながら保育しています。
でもこんなにも、
その力がついているとは、感激しました。

最後は年中年長児から園歌をプレゼントし、
赤松林太郎さんに拍手をいただきました。

27500641_2021354141214902_859920186026003965_o













これからも子どもたちの感性を信じていきます。